気持よく楽しめる話題のものを知る

ダーツの楽しみ方

ダーツのルーツを知ろう

近年、大人気のスポーツであるダーツを皆さんは御存知でしょうか。老若男女に親しまれているダーツ用品は、シャフトとバレルと呼ばれる背骨部分とフライトと呼ばれる羽部分から成っています。多くのダーツ用品が存在し、シャフトやバレル、フライトのような部品も数多く販売されています。 まずは、ダーツの歴史についてお話したいと思います。 ダーツのルーツは、イギリスと言われています。今から500年以上も前になりますが、弓矢を武器として戦地に駆り出された兵士達が、息抜きとして的を目がけて競い合ったのが最初と言われています。その後は、弓を使う事が無くなり、矢のみを使用して投げ合うようになり、的も現在の形へ徐々に進化していきます。その後、日本を含む世界各地に広がり、現在のダーツブームとなっているのです。

バレルの種類と特徴について

ダーツ用品の中でも重要な部分が、バレルです。ダーツ用品店に行くと数多くのバレルを見る事が出来ます。バレルには、ストレート型や砲丸型、トルピード型等の型が存在し、それぞれ特徴があります。 ストレート型は、スタンダードタイプですが、初心者には向きません。それは、重心が様々である為、バランスが取りづらい為と言われています。 次に、砲丸型ですが、呼び名の通り、砲丸のように太くて短い形状なのが特徴です。その為、重心が取りやすく、比較的矢を真っすぐ飛ばす事が可能となります。 初心者に優しいバレルの型は、トルピード型です。後ろに向かうほど細くなるトルピード型は、前からセンター重心の物が多く、グリップも決まりやすい為、初心者でも扱いやすいバレルです。 この他にも、魚雷型やアキュート型等のバレルが存在します。 また、ダーツ用品店に行くと、バレルだけでなく、フライトやシャフト等も多く取り揃えており、バレルのようにそれぞれ特徴がありますので、自分に合ったダーツに仕上げる事が可能です。 ダーツに興味をお持ちの方は、一度ダーツ用品店に行ってみてください。